芳香剤パック

  • Inventors:
  • Assignees: 圭作 奥野
  • Publication Date: November 04, 1998
  • Publication Number: JP-3053640-U

Abstract

(57)【要約】 【課題】火や電気を用いることなく、何処へでも携行し て、安全かつ安定的に芳香・薫香を楽しめるような芳香 剤パックを提供すること。 【解決手段】芳香材料1の粉末と、発熱剤2としての酸 化カルシウムの粉末に発熱制御剤3としての酸化マグネ シウムと塩化カルシウムと塩化マグネシウムからなる粉 末を混合したものとを、満遍なく混合した状態で通水性 のある材質の内袋4内に包装し、かつそれを水密性のあ る外袋5内に封止して、芳香材パックAとする。

Claims

Description

Topics

    Download Full PDF Version (Non-Commercial Use)

    Patent Citations (0)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle

    NO-Patent Citations (0)

      Title

    Cited By (3)

      Publication numberPublication dateAssigneeTitle
      CN-102283191-ADecember 21, 2011张衡宝滴水式环保型自热熏蒸发生器
      KR-101303211-B1September 04, 2013위니스트 주식회사향기나는 발열팩 및 그 제조방법
      WO-2007023755-A1March 01, 2007Mycoal Co., Ltd.蒸散装置及び蒸散方法